企業交通安全講習

たった1件の交通事故が
企業にとって大きなリスク
そして何よりも
人命の尊重のために

ご検討中のご担当者さまへ

もし誰かが交通事故を
起こしたとしたら?
様々な安全装置の開発により、自動車の安全性能が急激に向上した現代。しかし悲しいことにいまだ数多くの交通死亡事故が発生しています。
交通社会における
企業の責任とは?
たった1件の交通事故が、企業にとって大きなダメージになりかねません。自動車のライセンスは個々のものであっても、「交通安全教育」は企業全体で取り組む必要があります。
阪奈自動車教習所の
「企業安全運転講習」は…
交通事故防止のための豊かな知識と最新の交通安全教育用機材を使用し、効率的な運転者講習を行っています。

安全運転講習コース一覧

講習基本コース

受講される対象の運転経験・用途別に5つの基本コースがあり、二輪車からトラックまで幅広く対応いたします。

基本講習
コース名
実施目的
新入社員
研修
業務運転の責任と安全運転の必要性の理解、運転技術の習得
中堅社員
研修
交通社会人として、また社内の中核となる者としての自覚と安全意識の向上
セーフ
ティー
事故や違反を起こした運転者に対する防衛運転・危険予知能力向上と再発防止
危険体験 人や車の限界を感じ取っていただき、安全運転行動の習得(スキッドカー)
出張・
安全
運転講話
最新の交通情勢や身近な事故の防止策など、豊富な内容の講和で社内の安全意識を向上

イージーオーダー

受講人数、実施時期、研修内容についても打ち合わせにより決めさせていただきます。

プログラム詳細
上記の内容を基に、ご依頼主様との打ち合わせにより組み立てます。
使用車両
教習車両の使用はもとより、業務車両や二輪車の持ち込みも可能です。

安全運転講習内容

スキッドカー体験
スキッドカーを用いて滑りやすい路面状況をシミュレートし、①ブレーキ(ロック・ポンピング・ABS等)、②コーナリング(オーバーステア、アンダーステア)、③ハイドロプレーニング現象の3つを低速で安全に実体験走行していただくことができます。 スキッドカー…車のトランク内に設置した油圧ポンプの力で、前後左右にある4つのピストンを上下させ、車のタイヤの接地圧を微妙に変化させることによって路面とタイヤの摩擦の度合いを変化させる装置。
シミュレーター体験
路上で起こりうる様々な危険場面をシミュレーターで体験し、その後、運転を再生しながら危険場面の解説・ディスカッションを行います。
ビデオカメラ搭載車での
路上運転
4台のビデオカメラ(前方、足もと、顔、速度計を同時撮影)を搭載した車で路上走行を録画し、教室にて再生しながら危険場面やご自身の運転行動などのディスカッションを行います。
応急救護講習
もし、交通事故の現場にいたとき、負傷者を救護するため最小限必要とされる心肺蘇生法及び止血法などを、ダミー人形やAED、各種視聴覚機材を用いて講習します。